電脳音楽塾を通して実現したいこと

まず、一番明確にしておきたいことは、僕はロックと出会えて本当に良かったということ。

そして影響を受けたロックの先輩達がいるということ。

そして、ロックの先輩達に負けられないということ。

それは、X japanであり、マリリン マンソンであり、KISSであり、hideであり、ビートルズであり、GLAYであり、、、

 

そんな先輩達に、生きてる先輩には生きて、死んでる先輩にはあの世で、堂々と挨拶したいから、ロックな人生を全うしたいと思う。

そこで、一つの目標を立てた。

一番大好きな、X Japanとマリリンマンソンのような存在になること。

それは、言ってみれば、明確な『ロックアイコン』になること。

言ってみれば、巷の人が、『ロックといえば、CROSS &BREEDのTAIGAだよね』

という存在になるということ。

もう30年ちょい生きてきて、音楽の才能が大してないことは気づいた僕だが、

じゃあ、いったいどんな作戦を立てていけば、そんな夢を実現できるだろうか?

 

僕は、一つのシナリオを創った。

それが、『CROSS &BREED』

音楽だけでは太刀打ちできないボクは、『ストーリー』と、『世界観』で勝負するしかないと思った。

目をつけたのは、世界にまとわりつく『キリスト教の歴史』と、日本の独自に発達したカルチャー。

思い返してみると、ヨーロッパ系の歴史はほとんど、キリスト教の教えや体制との、反発と享受の繰り返しの歴史だ。ボクがかなり傾倒したマリリンマンソンも、古いキリスト教体制に対する反発を餌に世界に駆け上がった。

Xも、当初は社会の既成概念や風潮に対する反発や、破壊衝動、過激さを売りにしていたんだと思う。

キリストが十字架の上で死んで2000年がたった今でも、人間の営みは相変わらずだし、

相変わらず『SEX』と『死』が最大の課題であるように思う。そしてそれの周りで渦巻く

『金』と『神』。 後者はだいぶ影響力を落としてきたが。

 

ボクがCROSS &BREEDで描きたいストーリーは、人々はこれからますますココロを手放していくだろうということ。

みんな、ネットワークで検索した答えに支配され、マイナンバーに支配され、生まれた瞬間から機械のようにインストールされていく。

オンラインでコミュニケーションをとるようになり、顔もアバターを使い、『本当の自分』

すら必要なくなっていくだろう。

そのうち病気も克服し、体も機械化され、不老不死のような存在になるかもしれない。

痛みすら克服し、感じなくなるかもしれない。

 

だがしかし、人間がそんな風になった時、果たしてヒトは『なんのために生まれてきたのか?』 という課題に直面すると思う。

僕らは、痛みがあるから苦しみ、苦しみがあるから感動し、感動するから幸せを感じる。

時間に限りがあるから、『今』を大切に感じれる。

 

『ボクらはどこからきて、どこに向かっているのか』

僕らは今、『他人の人生』を生きて時間を無駄にしてないか?

 

そんな問いを常に投げかけつつ、共に『今』を熱く生きたいと願う仲間を増やしていけたらなぁと、

 

まずはそんなことを思っている。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です